次女発達検査結果

こんにちは、つなママです。


今日は早朝から仕事をして、合間に次女のことで発達相談センターに行ってきました。4月から面談や発達検査をしてきました。


スポンサーリンク

[adsense]

次女は田中ビネーで検査をしましたが、6か月ほど発達の遅れがありそうです。 そして発達相談センターがかかつけの病院に電話し、担当医と話すことができたようで、次女には何かしらの支援が必要だと言っていたそうです。


当初支援は難しいと言われていましたが、発達検査中の次女の態度、遊びの様子、わたしや担当医の聞きとりの結果、衝動性を抑えて、気持ちのコントロールが上手になるように療育を受けていく形になります。

ただ、ねえねが行っている運動療育は次女の支援の目的とはちょっと違うため、小集団で就学に向けての療育をしているサービスを利用することになりそうです。たまたま近所にあるのですが、空きがほとんどないため、まずは体験の予約をいれました。

無事次女も受給者証がでることになりました。 4月から何度もセンターに通い、自分の気持ちを伝えてきてよかった。 次女が少しでも小学校生活が楽しくすごせるように、今からしっかり準備をしていきます。


今日だけでいっぱい自転車こいだ。。。午後はねえねの野外療育もあったんだけど、最近はねえねもマイチャリでいくのでとても助かるけど、ハラハラします。。。


スポンサーリンク

[adsense]

関連記事

つなママ

つなママ

     

娘2人と2匹の猫に囲まれながら賑やかに暮らしているシングルマザーです。自営業でWEBデザインや運用代行のお仕事をしています。

Facebook

最近の記事

  1. 2020年4月19日久しぶりの更新です。

  2. 母の願い叶わず

  3. ねえねの抗てんかん薬「ゼロ」へ向けての考察

  4. 母親目線で子ども達のてんかんの5年を振り返る。

  5. 【発達障害あるある?】朝の支度が遅い時どうする?

TOP