わたしは病気だから変なんだ

こんにちは、つなママです。 ちょっとおつかれです。おもに次女のこと。

スポンサーリンク

[adsense] わたしはただの母ちゃんなので姉妹のてんかんは治せません。 日々荒れていく次女が発達障害なのかどうかわかりません。合併症なのかもともと持っているものなのかわかりません。 ただ一つわかっていることは前にもブログに書きましたが長年のツケが回ってきているということ。 ねえねが療育にいきはじめたころ、次女は保育園の0歳児クラスでした。人見知りや場所見知りをしないのを良いことに、ねえねばかりに目を向けていました。 当時仕事は転職したばかりだったので今のように働きやすい感じではありませんでした。週に1度、午後早退してねえねを療育につれていっていました。 ねえねが年長さん、次女が2歳児クラスのときに姉妹はてんかんを発症しました。ねえねの療育+就学相談、姉妹のてんかんの治療、止まらない発作。繰り返す重積発作。 そのときのわたしはねえねの就学のことばかり気にしていました。卒園してからも小学校のいう未知の世界に日々バタバタしていました。 入学してねえねのトラブルが絶えず、わたしはねえねにかまってばかりいました。 この春ねえねは2年生になりました。発作は減ってきたけど、目がわるいので眼科にいきます、歯並びがわるいので歯医者にいきます。 週2回、放課後デイサービスにもいきはじめました。ときどき発達相談センターにもいきます。習い事は空手とピアノです。 次女は年中さんになりました。習い事は空手とピアノです。 ざっと書いただけでもねえねの内容が濃い。それだけねえねとの時間が多い。 次女は最近話し方が荒れています。「おい、おまえ」「うるせーんだよ」「あっちいけ」などなど。保育園でマネしてくるのかはわかりませんが、 荒れているのは確かです。 昨日次女が突然こんなことを言いました。 「わたしは病気だから変なんだ」「わたしは薬を飲んでいるからみんなと違う、変なんだ」

スポンサーリンク

[adsense] すぐにフォローはしましたが、母ちゃんはショックでした。 同じように話をしたねえねは、そういったことは言ったことがありません。というか、気にしない性格だからかな。。。 とある日、次女が私に怒られてめそめそ泣いているときには、「もう泣かないで、強く生きなきゃいけないんだよ」と言って慰めていました。 「強く生きる」というのはわたしが子供たちにつたえていることの一つです。ねえねからその言葉を聞けて母ちゃんは嬉しかった。 次女はたくさんいろんなことを我慢してきたんだろうな。 今の仕事がおわったら二人でデートしようかと思います。こんな母ちゃんでも許してもらえるだろうか。

関連記事

つなママ

つなママ

     

2人の子どもと2匹の猫に囲まれながら賑やかに暮らしているシングルマザーです。自営業でSEOライティングやWebデザインのお仕事をしています。

Facebook

最近の記事

  1. 2020年4月19日久しぶりの更新です。

  2. 母の願い叶わず

  3. ねえねの抗てんかん薬「ゼロ」へ向けての考察

  4. 母親目線で子ども達のてんかんの5年を振り返る。

  5. 【発達障害あるある?】朝の支度が遅い時どうする?

TOP