就学相談に向けて。

来年度に向けて考える

昨日は次女の運動会でした。思ったこと感じたことを正直に書いていきます。
今年は例年以上に次女を良く見ていました。目線は次女を見ていましたが、頭の中では来年度の就学相談のことを考えていました。去年→今年の成果と課題。またその課題にどう向き合っていくか、最終的に通常旧か支援学級かを決めなければいけない。昨日の運動会はそれを見極める大事な日でした。

そして運動会が終わり、総合的に考えると、、、、


スポンサーリンク


グレー



残念ながら「白」というわけにはいきませんでした。去年に比べ、次女自身の成長はありました。が、同年齢の子達と比較した場合、「厳しい」と感じざる得ませんでした。

まず、体幹が弱いこと。今いっている療育でも課題になっていますが、長時間イスに座っていることができず、だらーとなってしまう。
あと、周りの子より覚えるに時間がかかるので、ダンスなどは覚えきれていないところが多々ありました。もし、加配の先生がいてじっくり教えてもらっていたら出来ていた可能はあります。
決して踊れなかったのが悪いのではなく、その過程が大事だとおもっていて、ADHD気味の次女だと集中力がちらつき覚えるのにムラがあるので、先生が1人だとそれに気づくことは難しいと思う。


保育園のうちは今のままでいいかもしれないけど、小学校に上がると大変なことがぐっと増えます。 ちょっと手を貸すとできることはたくさんあるのに、たくさんの子供達がいて、先生が1人だと埋もれてしまうのが今の次女です。今はそれが見て分かる状態です。(わたしは、、、ですが)


スポンサーリンク


「次女ちゃんはそれでいいんだよー」「個性だから」「比較しちゃいけない」時々そう言われますが、そしたらなぜ発達障害という言葉があるのだろうか。脳機能の障害なんです。といっても個性だから~で否定されてしまうの?個性は大歓迎、だけどもし発達障害だったらそれでいいの?

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


つなママ

つなママ

2人のてんかんっ子と2匹の猫に囲まれながら楽しく暮らしているシングルマザーです。
合同会社ななみすぽっと代表 SNS運用代行・WEB制作/ライティングなどのWEBサービスをワンストップで提供しています。非営利活動では、子どもの学びと体験の居場所「なっつの木」を主催しています。

【保有資格】
認定心理士
児童指導員
社会福祉主事任用資格
発達障害コミュニケーション初級指導者
メンタルヘルスマネジメント検定2級
東京都子育て支援員研修終了
チャイルドボディセラピスト3級
上級救命技能認定
食品衛生責任者

最近の記事

  1. 2020年4月19日久しぶりの更新です。

  2. 母の願い叶わず

  3. ねえねの抗てんかん薬「ゼロ」へ向けての考察

  4. 母親目線で子ども達のてんかんの5年を振り返る。

  5. 【発達障害あるある?】朝の支度が遅い時どうする?

最新情報はこちらから!

TOP