精神障害者保健福祉手帳2

申請書・診断書の様式は、区市町村の担当窓口にあるので、それをお医者さんに渡して書いてもらう事になります。大きい病院だと時間がかかる場合もあるので早めにお願いするといいと思います。

指定の手帳の申請をしてから、1ヶ月半ほどでハガキで「手帳できてます」の通知がきました! おお~、ついに、ついにです!後日通知書を持って自治体の窓口まで取りに行きました。

いただいた手帳をみたら、等級は2人とも2級。精神障害者保健福祉手帳によると、2級の基準は

・精神障害であって、日常生活が著しい制限を受けるか、又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの(概ね障害年金2級に相当)

てんかんに関しては、、、

・意識障害はないが、随意運動が失われる発作。意識を失い、行為が途絶するが、倒れない発作が月に1回以上ある
・意識障害の有無を問わず、転倒する発作。意識障害を呈し、状況にそぐわない行為を示す発作が年に2回以上ある場合

当時ですが、ねえねは月に1回以上複雑部分発作なので意識を失います。目覚めるのに半日ほど必要です。
次女は、3か月に1回ほどてんかん重積をおこして救急車に運ばれて4日程入院します。発作は病院で点滴しないと止まりません。

あとは都道府県の審査によるのでしょうか。正直3級かな、と思っていたので意外でした。まずは手帳が発行されて一安心です。

関連記事

つなママ

つなママ

     

2人の子どもと2匹の猫に囲まれながら賑やかに暮らしているシングルマザーです。自営業でSEOライティングやWebデザインのお仕事をしています。

Facebook

最近の記事

  1. 2020年4月19日久しぶりの更新です。

  2. 母の願い叶わず

  3. ねえねの抗てんかん薬「ゼロ」へ向けての考察

  4. 母親目線で子ども達のてんかんの5年を振り返る。

  5. 【発達障害あるある?】朝の支度が遅い時どうする?

TOP