延命処置

うちの猫さんは、約10年前にペットショップで買いました。生後4カ月。 しばらくして体調を崩し、緊急入院となり生きるか死ぬかの4時間にわたる大手術をして、奇跡的に成功しました。 原因は先天性の病気で、交配に問題があるものでした。 ペットショップは手術、入院代を負担してくれましたが、 かわりに示談書にサインしたためお店の名前は書けません。 ちなみに最初は「交換しますよ」って言われました。動物の命ってそんなもん? [adsense] 手術で一命はとりとめたものの、内臓はぐちゃぐちゃで奇形でした。 肺も片方機能していなく強い麻酔によく耐えたと言われました。 そんな感じなので術後も慢性膀胱炎、常に結石ができている。 ついに去年、腎臓が片方機能しなくなりました。 今はお薬では溶けない結石が 腎臓、尿管、膀胱にたくさんできていて、治療は手術しかない。 でももう手術はつらいだろう。 今年で10歳。 仮に手術をしたとしても、麻酔に耐えられる体ではない。 獣医師さんとたくさん話をしたけど、自宅介護することにした。 小さい頃から続けている処方食にくわえ病院で水分とお薬の点滴をしています。 とても高い病院なのでお金もかかりますが、今できることはこれしかない。 だけど、お薬の点滴は一時しのぎ。だんだん耐性がついて効果がなくなってくるそう。 そしたら薬をかえていくんだって。もう今以上の処方食もない。 延命処置。 [adsense] 最近は病院に連れていっていません。ちょっと遠いし混むし、何より猫の顔をみていると家でゆっくりしたいと言っているような気がして。 ただ、今年に入り体調が悪くなり日々の血尿くわえ、頻繁に吐くようになった。ついにここまできてしまった。 毎日病院にいって処置すればよかったのか?仕事しながら、てんかんの姉妹がいながらの通院は可能なのか?毎日1万円だせるのか? ゆったりとソファーで寝ているリーナをみていると、母ちゃんは決断ができません。 人間嫌いなリーナだけど、最近いっぱい触らせてくれて本当に幸せ。 病院に連れていくとストレスで何日か鳴いてしまうリーナ。でもやっぱ連れて行かないとだめだよね。 でも、一緒にゆっくりすごしたいんだよね。 でもでもでも でも ばっか。優柔不断。 生後10カ月で亡くなる命が10年になる。生きた。生きてくれた。 あと何年生きられるのだろう。実はあとちょっとなのかな? 最後までいっぱい撫でるよ。 ふわふわの白カビに包れた馬蹄型のチーズバラカ 200g
つなママ

つなママ

     

2人の子どもと2匹の猫に囲まれながら賑やかに暮らしているシングルマザーです。自営業でSEOライティングやWebデザインのお仕事をしています。

Facebook

最近の記事

  1. 2020年4月19日久しぶりの更新です。

  2. 母の願い叶わず

  3. ねえねの抗てんかん薬「ゼロ」へ向けての考察

  4. 母親目線で子ども達のてんかんの5年を振り返る。

  5. 【発達障害あるある?】朝の支度が遅い時どうする?

TOP