精神障害者保健福祉手帳3

そもそも精神障害者保健福祉手帳を持っていると何のサービスを受けられるの?ってことで調べてみると

・公共料金等の割引
・税金の控除・減免
・施設の入場料免除、割引

などがあります。東京都だと、都営交通の割引がありますね。発行されて間もないですが、我が家はこんなことにつかってみました。

・映画(付添いも1000円になります)
・区のプール(付添いも無料)
・ドラえもんミュージアム(付添いも無料、まだ予約だけ)
・ディズニーランドのゲストアシスタンスカード(まだ予約だけ)
↑結局子供の体調不良でいけず。。。
・タクシー一割引き(これが一番つかっているかも。。。)
・パパの所得税、住民税控除

これだけでもありがたいって思うほどのサービス。やっぱ、通院が多くなると子供も自分も負担が大きい。 わたしは週5でお仕事をしているので、毎回の早退、遅刻はしんどい。。。雨だとタクシーつかって病院いかないといけないし・・・。医療費は無償でも、金銭面での影響も少なからずあります。

なので、こういったサービスは助かります。何より子供たちが楽しんでくれる事が一番嬉しいです。

関連記事

つなママ

つなママ

     

2人の子どもと2匹の猫に囲まれながら賑やかに暮らしているシングルマザーです。自営業でSEOライティングやWebデザインのお仕事をしています。

Facebook

最近の記事

  1. 2020年4月19日久しぶりの更新です。

  2. 母の願い叶わず

  3. ねえねの抗てんかん薬「ゼロ」へ向けての考察

  4. 母親目線で子ども達のてんかんの5年を振り返る。

  5. 【発達障害あるある?】朝の支度が遅い時どうする?

TOP