ねえねの個別支援計画

個別支援計画の面談

こんにちは、つなママです。昨日は小学校に行きねえねの個別支援計画の面談にいってきました。 あの事件以来、学校に心を閉ざしていたわたしですが、発達相談センターの先生が行きなさいというので今回いってきました。(わたしの性格をよくわかっている先生なので心をひらいています、、、)

スポンサーリンク

[adsense]

正直な感想

結論からいうと、行って良かった。聞いてよかった。担任の先生はねえねのことを本当に良くわかっていて、計画書をみてもまるで親が書いたような内容でした。本当に本当に素晴らしい先生です。ねえねは1年生、2年生とこの先生で本当によかった。成長している面や気になる面を教えていただき、今後は学習面も気をつけていかないといけないそうです。(勉強自体は中の上らしいけど、理解できるまでにかなり時間かかるので高学年になると授業に置いていかれてしまう可能性がある) あと放課後クラブでのトラブルは把握しているようで、近々放課後クラブの先生と話し合いの場をもうけるとのこと。学校と放課後クラブでは横のつながりはないのに、先生がそれをつくってくれようとしている。。。母ちゃんは本当に感謝しかありません。 そして今年度から巡回で通級指導が受けられるようになり、申し込むことにしました。もちろん審査はあるのですが学校もねえねのことを十分把握しているので今度は通るといいな。。。

スポンサーリンク

[adsense]

少し大人になる

以前の事でひねくれてたことも正直に話しました。これからは学校に向き合っていきたいと思います。嫌なことは引きずらないようにします、、、。 ねえねも次女も本当に周りに恵まれて有り難いです。 ↓ぺったんくつかわええ!!!

関連記事

つなママ

つなママ

     

2人の子どもと2匹の猫に囲まれながら賑やかに暮らしているシングルマザーです。自営業でSEOライティングやWebデザインのお仕事をしています。

Facebook

最近の記事

  1. 2020年4月19日久しぶりの更新です。

  2. 母の願い叶わず

  3. ねえねの抗てんかん薬「ゼロ」へ向けての考察

  4. 母親目線で子ども達のてんかんの5年を振り返る。

  5. 【発達障害あるある?】朝の支度が遅い時どうする?

TOP