てんかん姉妹 ~てんかんっ子姉妹の闘病生活と日常記録~

2013年の5月と7月に、2人の娘がてんかんを発症しました。てんかんの経過報告や子ども達の日常の出来事を記録したブログです。

9,124 views

【当日編】てんかんっ子のディズニーランド事情(ゲストアシスタンスカード)

      2018/10/07

ゲストアシスタンスカードを発行した理由

今回はゲストアシスタンスカードを使った話が中心になります。

 

まず姉妹にカード必要だと思った訳は、

 

「発作を起こす要因を減らしたい」

 

てんかんは睡眠不足、疲労、ストレスなどで発作を誘発する恐れがあるため、特に旅行時は姉妹の体調には気を付けています。無理はさせたくない、でも楽しいでもらいたい、いろんなことを体験させてあげたい、いつも天秤にかけては悩んでいます。

 

なので今回は思い切って利用することにしました。申し込みは当日でもできるようですが、電話の事前予約の方が当日の受け取るだけなので時間短縮になると思います。

 

予約の電話では、「なぜ使いたいか」を聞かれるので、二人ともてんかんがあって、疲れがたまると発作がでやすくなるためそれを軽減したいことを伝えると、アトラクションの待ち時間中、他の場所で待つことができるカードを用意してもらえることになりました。

 

スポンサーリンク

 

こちらがゲストアシスタンスカード。

 

アトラクションではカード1枚につき4名(本人+同伴者3名)、キャラクターグリーティング施設ではカード1枚につき10名程(本人+同伴者9名)入れるそうです。

 

↓1枚で足りたのだけど姉妹分ということで2枚用意していただきました。

 

securedownload

使ってみた感想※あくまで我が家のケースです

当日は、4〜5種類のアトラクションで使いました。

 

実は、最初は空いているアトラクションに乗ったり、ファストパスとったりしていたのですが、10時近くになるとかなりの混雑に!(運動会振り替えが多かった)

 

そんな矢先ねえねが「アレのりたーい♪」と飛行機を指さしました。

 

すると次女も「のりたーい♪」

 

こうなると乗せてあげたいのが親心。しかし待ち時間をみると45分。

 

「うーん、どうしよう」

 

あ、勇気をだしてカードをだしてみようかなと思い、ついに使う時がきました。

 

(小心者ではじめての場面に弱く、使うのに躊躇していました…)

 

アトラクションの近くにいたキャストさんに「すみませんこれに乗りたいのですが、、、」と、ドキドキしながらカードを見せました。

 

すると慣れた手つきでアトラクションの説明をしてカードに集合時間を記載してくれます。集合時間は待ち時間と同じなので、45分間近くで水分補給したりトイレ休憩をしてすごしました。お土産みたり周辺を散歩するだけでも楽しいので、あっという間に時間が経ちました。

 

スポンサーリンク

 

そして45分経過してアトラクションに戻り、近くにいるキャストにカードをみせると、中まで案内してくれました。なんとなく周りの目が気になりますが、悪いことをしているわけではないので存分にアトラクションを楽しむことをおすすめします。

 

※集合時間にあまりに遅れると案内が遅くなってしまう場合もあるみたいなので注意です。

 

あと、たまたまだったのかもしれませんが、待ち時間15分程度のアトラクションではカードに記載はされずすぐに案内してくれたし、説明した時間分を引いてカードに記載してくれたアトラクションもありました。

 

最後に、総合的な感想ですが、

 

「使って良かった」

 

待ち時間を他の場所ですごせるだけでも姉妹の負担はかなり減ります。特に真夏や真冬は体温調整に気を使うので、屋内で待てたらとても助かります。

 

並んでいる人たちからは、「あの人たちなんだろ~」みたいな目で見られる時もありますが、ゲストアシスタンスカードを使う権利があるならば堂々としていていいと思います。

 

わたしもカードの存在を知ったのは最近なので、正直それまでは「あの人たちなんだろ~」と思ってみていました。いろんな事情があって利用しているんだと今回わかったので、これからは暖かい目で見ていこうと思いました。

 

最後に、姉妹の思い出をつくってくれたディズニーランド、キャストのみなさんに感謝です。

 

↓やばい、これは買いたい。そんなに高くないし、、、!

 - 日常


adpc

スポンサーリンク

スポンサーリンク

       

★応援クリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ

★シェアしていただけたら嬉しいです!

★障害のある子もない子も共に楽しむ学び場・渋谷新宿なっつの木

http://nattunoki.com/

★ツイッター毎日更新しています

https://twitter.com/makihitomi

★なっつの木フェイスブック

https://www.facebook.com/nattunoki/

★こどもテーブル なっつの木

https://peraichi.com/landing_pages/view/nattunokishibuya

★姉妹サイト白斑次女

★LINEスタンプ好評?発売中!母の憂鬱


Comment

  1. こんにちは。ブログを読まさせて頂きました。私は東京ディズニーリゾートの、キャストをしている者です。この度は東京ディズニーリゾートにご来園頂き、誠に有難うございます。ゲストアシスタンスカード(略:GAC)についてですが、諸事情により、(2019年の1月に、原則GACの発行に、障害者手帳の提示が必要になってからも、悪用や不正利用がなくならなかったため。)今年の7月の中旬より、廃止をさせて頂いております。従って2019年の8月現在では、名前も運用方法も、大きく変わっており、GACの代わりの制度を、新しく導入させて頂いております。
    新名称は、「ディスアビリティアクセスサービス(略:DAS 障害者手帳があって、尚且つ通常の乗り物の列に並べない方用)」と、「合流利用サービス(略:SWS 障害者手帳はないが、ご妊婦様やご高齢者・一時的なご病気が、おケガが理由で、通常の乗り物の列に並べない方用)」です。DASの対象者は、2019年の1月7日以降の旧GACと同様で、母子手帳や受給者証・診断書では登録や作成が相変わらずできません。又SWSの対象者の方は、こちらも2019年の1月7日以降の、旧GACと同様で、各乗り場のみでのご登録が可能で、各乗り場毎に申告が必要であるということ。そしてご本人様以外は、原則通常の乗り物の列に、お並びになるということが、必要とされております。今回の大きな変更点は、両制度共に、今のファストパスと(略:FP)同様で、デジタル化をしたことです。それにより、旧GACの時とは異なり、係員が紙に、必要事項を記入する方式は、原則廃止をさせて頂きました。又今夏より、スマホからFPが取れる様になったことにより、両制度での待ち時間中に、スマホからFPが取れる様になりました。又年パス持ちで、尚且つDAS対象者も、旧GACの時とは異なり、各乗り場での登録が可能になりました。そしてDAS対象者が、本人確認の為に、当日その場で、係員による顔写真撮影に、ご協力を頂いております。そしてその顔写真と、パスポートや障害者手帳の番号などの情報を、運営側のほうでしっかりと控えさせて頂き、線の用の機械やスマホでの紐付けに、ご協力を頂いております。詳細はTDRの公式HPのバリアフリーの項目にも、記載されていますので、そちらをご参照頂ければ、幸いです。その他ご不明な点は、直接ご自身で、お電話にてお問い合わせください。TEL0570008632(9:00~17:00)尚誠に恐縮ですが、その際に諸事情により、メールでのお問い合わせは、一切受け付けをいたしておりません。予めご了承ください。そして誠に恐縮ではございますが、こちらのブログ内にある、GACの内容は、旧制度のものとなりますので、トラブル防止の為に、その部分につきましては、ご削除か、ご訂正のほうをして頂けると、とても幸いです。最後までお読みいただき、誠に有難うございました。
    それでは、皆様のまたの東京ディズニーリゾートへのお越しを、キャスト一同お待ちいたしております。

  2. 匿名希望 より:

    初めまして。ブログを読まさせて頂きました。私もディズニーが大好きです。そして自身にパーク指定の障害者手帳がある為に、「ディスアビリティアクセスサービス(DAS若しくはダス:旧名のゲストアシスタンスカードの、2019年1月以降の、障碍者手帳若しくは、障害福祉受給者証所有者限定のカード)」を、旧のゲストアシスタンスカード(GAC)の時から、毎回のように利用をさせて頂いています。GACは、従来の悪用や不正利用の増加を理由に、2019年の7月で、突然予告なしで廃止・そして同制度の名称変更や、対象者等のルールが、大幅変更までされてしまいました。新名称は、「ディスアビリティアクセスサービス(DAS若しくはダス:通常の乗り物の列に、並ぶ事が出来ない、障害がある方で、尚且つ来園当日に、障碍者手帳若しくは、障害福祉受給者証を、対象施設にて、係員に提示をした方限定の制度)」です。ですから上記の手帳を持たない、ご妊婦様や一時的な病気やケガの方は、残念ながらDASの登録の対象にはなりませんので、ご注意下さいね。又DASは、事前予約が出来なくなっています。そして登録時には、上記の手帳の提示+、不正利用の防止や、本人確認の為に、その場で係員による、「顔写真撮影が必要」です。そしてその顔写真と、パスポートや手帳の番号等の情報を、係員が照合し、専用の機会で紐付けにします。また現在では原則、今のスマホからのファストパス取得と同様で、原則はゲストのスマホ(アプリ)からの管理となります。その為に、係員による手書きでの台紙発行や、パスポートへの検印は、なくなりました。とても残念ですね。
    ですがそれに加えて、TDRにも他のレジャー施設度同様で、現在あるDAS+、パークに入るのに必要な、「パスポートの障害者割引が、今年の4月1日から、新しく導入」されます。勿論障害者割引の対象となる手帳は、DAS同様です。とても嬉しいですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


  関連記事

ねえね、眼科いってきました。

眼科にいってきた 仕事を終えて学童にお迎え~、ねえねをみてみるとありゃ目のまわり …

スクールカウンセラーに物申す

こんにちは、つなママです。 梅雨明けしたの!?というぐらい急に暑くなりましたね( …

漢方、はじめました。

お盆ですが、、、 こんにちは、つなママです。静岡入院前なのでのんびりお盆をすごし …

転院について。

こんにちは、つなママです。毎日やることがたくさんあって、通院やら療育やらで退職前 …

【ブログ不定期更新のお知らせ】

こんにちは、つなママです。しばらく更新が止まっていました。忙しいのもありましたが …

心身ともに限界

気づいたら2月になっていました。日々勉強の時間を確保出来ず、イライラがたまり、子 …

パンケーキ祭り、禁酒、ドライアイ?

アルコール抜き ただいま肝臓の再検査のため、3週間アルコールぬいています。あと1 …

LINEスタンプ申請

申請用記事です。 今日は完全に個人の記事になります!ずいぶん時間がかかってしまい …

つなママダウン、救急外来へ

こんにちは、つなママです。週末からブログの更新が出来ずにいました。仕事が忙しかっ …

たまにはさぼることも大事^^

凹んでは立ち直る日々 姉妹がてんかんになってから、マイナスはプラスで補う思考でこ …