ねえね、ラミクタール減量後の変化

こんにちは、つなママです。

 

ねえねがラミクタールを減量して3カ月が経過しました。先日の診察では順調ということで年明けにもう一段階減量します。これで1日100mg→が50mgになります。

 

9月に減量をはじめましたが、10月にはいってからねえねに変化が起きました。それが今も継続されています。

 

それは漢字が書けるようになったこと。

 

スポンサーリンク

今まで100点中20点がやっとだったねえねですが、60点程度までとれるようになりました。

抗てんかん薬をはじめる前(保育園年長)はかなり字は書けていたのですが、飲みはじめたら字の乱れがひどくなり、漢字はほとんど書けなくなってしまっていました。

 

小学生になってからはさらにひどくなり、0点、10点は当たり前…になっていました。

本人も漢字が書けない、覚えられないと苦手意識が高まる一方でした。

 

それが、9月に薬を減らしはじめたら、急に点数がとれるようになったのです!

字は相変わらずの汚さですが、「記憶」の部分に変化があったのかもしれません。

 

先日てんかんの通院があったので、医師に上記の事を報告しましたが、ラミクタールが影響しているかはわからない、脳波異常かもしれないし、何とも言えないけど全く関係ないとは言えない、とのこと。

 

ねえねは何か変化を感じているのかな?

 

話をしてみたけど、まだまだ理解するのは難しそうです。

 

知りたいなぁ、ねえねの脳の中。

 

★2/3(土)てんかん座談会&価値観ババ抜き 残席2★

https://peraichi.com/landing_pages/view/tenkan

関連記事

つなママ

つなママ

     

娘2人と2匹の猫に囲まれながら賑やかに暮らしているシングルマザーです。自営業でWEBデザインや運用代行のお仕事をしています。

Facebook

最近の記事

  1. 2020年4月19日久しぶりの更新です。

  2. 母の願い叶わず

  3. ねえねの抗てんかん薬「ゼロ」へ向けての考察

  4. 母親目線で子ども達のてんかんの5年を振り返る。

  5. 【発達障害あるある?】朝の支度が遅い時どうする?

TOP