まさかの展開シリーズ~その2~

漢方増えました

まさかの展開シリーズ~その1~から間が空いてしまいましたが、もう一つのまさかの展開とは、先日の漢方外来で漢方薬が追加になったことです。

8月から抑肝散を飲んでいた姉妹ですが、9月末からねえねがときどきお腹を下していました。漢方は2ヶ月近く飲んでいたし、副作用でもなさそうだけど念のため先生に相談をしてみたら、昔からお腹を壊しやすいか聞かれました。


スポンサーリンク


昔からねえねはお腹を下しやすく、次女は便秘になりやすい体質です。特に次女の便秘は毎回大泣きしてしまいます。

すると先生から「少し飲んでみませんか?」と小建中湯を勧められました。2剤かぁ。と少し悩みましたが、小児漢方をやっている病院なのでここは先生を信頼してみることにしました。

この小建中湯、ねえねはとても苦手な味なようで(あまいみたい)最初は「うえー」と渋々飲んでいましたが、最近はがんばって飲んでくれるようになりました。そして気づいたら下痢も止まっている、、、?かな。そして次女の便秘で泣くのもみていないかも、、、。まだ1ヶ月も飲んでいないので何ともですが、前向きにとらえていきます。


スポンサーリンク


そして先週、とある事が原因漢方薬3剤目が追加。。。
続きます。

3剤目の原因はあなた、、、あなたよ!!!

関連記事

つなママ

つなママ

     

2人の子どもと2匹の猫に囲まれながら賑やかに暮らしているシングルマザーです。自営業でSEOライティングやWebデザインのお仕事をしています。

Facebook

最近の記事

  1. 2020年4月19日久しぶりの更新です。

  2. 母の願い叶わず

  3. ねえねの抗てんかん薬「ゼロ」へ向けての考察

  4. 母親目線で子ども達のてんかんの5年を振り返る。

  5. 【発達障害あるある?】朝の支度が遅い時どうする?

TOP